真性包茎 手術

包茎とは?


 


 

大人になっても、通常陰茎部を包む包皮が亀頭にかぶってしまっている状態を『包茎』と言います。
ひとくちに「包茎」と言っても3種類に分類され、症状もそれぞれ異なります。
包茎の種類は、「真性包茎」「仮性包茎」「カントン包茎」3種類に分けられます。

 

真性包茎

陰茎の包皮が亀頭に常に被さっていて、手でめくる事の出来ない状態が真性包茎。

 

亀頭が常に包皮に覆われているため、恥垢が溜まりやすくなります。
性器が悪臭を放ちやすくなったり、早漏や性病に成り易いので、早期の手術が望ましいです。

 

仮性包茎

手で包皮をめくってみても痛み、裂傷、出血を伴わないのが仮性包茎。

 

普段、皮が被っているため、雑菌も繁殖しやすく不衛生になりがちな上、陰毛が包皮に絡まりやすく、傷をつけるので包皮や亀頭周囲に炎症などを起こす可能性があります。

 

カントン包茎

包皮を長時間無理にめくった結果、痛くて元に戻せないのがカントン包茎です。

 

包皮口が狭いために、性行為を行うと狭い包皮の部分が裂けてしまったりする場合があります。
その傷口から、菌が入り、大きく腫れ上がることもあります。
締め付けられていることが原因で腫れ上がることもあります。

 

包茎のペニスはなぜ臭う?

臭いの正体は包皮の内側の"垢"

包茎のペニスは不衛生になりがちですが、毎日しっかりと洗っていれば、大体の汚れと臭いは防ぐことができます。
ただ、汚れと臭いの原因となる「恥垢(ちこう)」と呼ばれる垢がびっしり付着していると、凄まじい悪臭を放ち、ちょっと石鹸で洗ったくらいでは解消できません。
事実、包茎人口の多くが、この恥垢による悪臭に悩まされています。

 

包茎のペニスは垢が溜まりやすい!

恥垢はどのようにしてできるのかというと、まず亀頭の冠部にある皮脂腺から出る分泌物や、精液や尿の残りカスなどが混じり、それが乾燥して固まると恥垢になります。
包茎のペニスは常に包皮に覆われているぶん、恥垢が溜まりやすい環境になっており、気づけばカリの下部や裏筋の辺りにびっしり...なんて事態も珍しくありません。
これで悪臭が発生してしまうと、自分が不快な思いをするのはもちろん、相手の女性にも嫌な思いをさせることにもなってしまいます。
また、包茎による臭いがコンプレックスとなり、女性に対して消極的になってしまう人もいるようです。

 

どうして包茎だと短小に?

亀頭の成長が妨げられることが原因!

男性のコンプレックスになりがちな「ペニスの短小」。
実はこれも包茎が原因となる場合があります。
本来、亀頭は包皮が剥けた状態で成長するものですが、包茎の人は常に亀頭が包皮に覆われているため、亀頭の成長が妨げられ、先細った短小のペニスになってしまう危険性があるのです。

 

とくに真性包茎は短小になりやすい

とくに包皮と亀頭が癒着を起こしていて、平常時も剥くことができない真性包茎の人は、短小のペニスになりやすい傾向があります。
簡単に亀頭を露出させることができる仮性包茎とは違い、真性包茎は無理に剥こうとするとペニスを傷つける恐れがあるので、自力で矯正しようとするのは非常に危険です。

 

同様にカントン包茎の人も、無理に剥こうとすると亀頭の根元が包皮で締め付けられたまま、元に戻らなくなってしまう可能性があるため、十分な注意が必要といえます。

 

女性を感じさせにくくなってしまう...

包茎が原因で短小になってしまったペニスは、亀頭が先細りの形状になりやすい特徴があります。先細りの亀頭になると、亀頭と陰茎の間にある「カリ」というくびれた部分がなくなってしまい、セックスの挿入時に女性に快感を与えにくくなってしまいます。
また、包皮で覆われているぶん、亀頭が刺激に慣れていないため、早漏になってしまう危険性もあります。

 

男性としての自信を失う人も...

そもそもマスターベーションで痛みが生じるような重度な真性包茎の場合、正常なセックスをすることはまず不可能といえます。
また、カントン包茎もセックスの挿入時に意図せず包皮が剥けてしまい、締め付けられた亀頭が鬱血状態に陥るケースもあります。

 

包茎だと早漏になりやすいのはなぜ?

包茎だと早漏になりやすいのはなぜ?

包皮のせいで刺激に弱いペニスになってしまう!
包茎には「早漏になりやすい」というデメリットもあります。
亀頭が包皮に覆われていると、亀頭の発達が阻害されるだけでなく、刺激に弱いペニスに育ちやすくなってしまうのです。
こうした情報は、現代では女性たちの間でも広く伝わっているため、"包茎の人=早漏"と極端なイメージを持っている女性も少なくありません。

 

思い込みで早漏になってしまう人も....

包茎による早漏は、「刺激に対する耐久性が低い」ということだけでなく、"精神的な問題"が作用しているケースもあります。
「自分は包茎だから早漏なんだ」と思うがあまり、刺激に対して余計に敏感になってしまい、早漏の傾向に拍車がかかってしまう...という人も珍しくありません。

 

カントン・真性包茎は遅漏になる可能性も

「包茎だと早漏になりやすい」というのは確かですが、だからといって、包茎の人が総じて早漏になってしまうわけではありません。
とくにカントン包茎や真性包茎で、勃起時も亀頭が包皮に覆われたままになっている人の場合、包皮によって刺激が軽減されるので、逆に遅漏になる...といったケースも見られます。

 

包茎と病気・性病にはどんな繋がりが?

包茎は"雑菌の溜まり場"!

包茎は病気ではありません。しかし、包茎が"病気の原因"となる可能性は十分にあります。
菌を繁殖しやすい「恥垢(ちこう)」が溜まりやすいなど、包茎は"雑菌の溜まり場"といっても過言ではありません。
湿った状態で停滞しているところに繁殖しやすい雑菌にとって、包皮に覆われているせいで陰茎が湿った状態になっている包茎のペニスは、絶好の繁殖場所なのです。

 

ペニスの傷が病菌の入り口に!

包茎は雑菌が繁殖しやすいとはいえ、それだけではそう簡単に性病にはかかりません。
毎日の入浴習慣を欠かさず、ペニスも念入りに洗っていれば、性病はほぼ防げるといって間違いはないでしょう。
しかし、ペニスに傷がある場合は別です。
包皮や亀頭に傷があると、そこが雑菌やウイルスの入り口と化してしまい、厄介な性病を発病してしまう危険性があります。

 

包茎だとセックスで感じにくい!?

包茎はコンドームを二枚重ねているようなもの

セックスの挿入時の快感は、亀頭と陰茎の刺激によってもたらされます。しかし、包茎の場合、余分な包皮が刺激を吸収してしまい、亀頭や陰茎の感度が鈍くなってしまう恐れがあります。

 

そもそも亀頭は、陰茎の中にある「海綿体」という勃起性組織の上に被さった皮のような役割を果たしているので、さらにその上に包皮が被さると、コンドームを二枚重ねているような状態になってしまいます。
快感に関して言えば、コンドームを着けない方がより高く得られるのは周知の事実。したがって、勃起時に亀頭が露出できない包茎の人は、セックスでの快感が得にくいといえます。

 

快感が得られにくいのは男性だけじゃない!

包茎によってセックスの快感が得にくくなるのは、当事者の男性だけではありません。
余分な包皮が覆い被さった"コンドーム二枚重ね状態"のペニスでは、相手の女性も快感を得にくくなってしまいます。

 

心理的にもセックスに悪影響が...

包茎は物理的だけでなく、心理的にもセックスに影響を及ぼします。
先細りの形状になったペニスを、コンプレックスとして抱え込んでしまう人も多く、女性に対して積極的になれなかったり、なかにはED(勃起不全)に陥るケースもあるようです。

 

包茎治療は、泌尿器科でも受けれるが、どうして専門クリニックが良いのか?

包茎手術の傷跡

包茎手術で気になるのが、術後の傷跡。

 

多くの人が包茎手術に対して抱える不安要素のひとつに“傷跡”があります。
基本的に包茎手術は余分な包皮を切除したり、切開することになるので、「傷跡が残ってしまわないか」と心配になるのは当然といえるでしょう。

 

包茎手術の傷跡はどうしてできる?

「ラインをいかに目立たなくするか」がカギ

包茎手術で余分な包皮を切除し、縫合した場合、ペニスにラインが残ることになります。仕上がりの良し悪しは、このラインをいかに目立たなくするかにかかっている...といっても、過言ではありません。

 

なかには医師の技術不足が原因で、ラインが痛々しいほどに目立ってしまい、精神的な負担を抱えてしまう人もいるようです。

 

真正包茎

 

傷跡のないペニスを目指すなら、病院選びは慎重に!

手作業で丁寧に手術を行ったり、包皮の内側と外側で切開道具を使い分けるなどの配慮を心がければ、傷跡のない自然なペニスに仕上げることは可能です。

 

しかし、残念なことにそこまでこだわっている医療機関は、決して多くありません。
「こんなに傷跡が目立つなら、包茎手術なんて受けなければ良かった」なんて後悔しないためにも、手術を受ける病院は慎重に選びましょう。

 

包茎手術は大手クリニックがおすすめ

包茎手術は病院の泌尿器科や美容クリニックでも受けることができます。
しかし、泌尿器科や美容クリニックは包茎手術を専門にしているわけでないので、医師の技術力が十分でない場合も多く、手術後に感度が著しく低下してしまったり、傷跡が目立ってしまうなどのトラブルも発生しているようです。
満足の行く仕上がりを望むなら、包茎手術を専門にしているクリニックで受けた方がいいでしょう。 .
行き届いた配慮も求めるなら、大手クリニックが最適!

 

とくに大手の包茎専門クリニックは、競合と差を付けるために対応にも気を配っているところが多いので、お勧めです。
ほかの患者さんとの接触を避けてくれたり、スタッフを全員男性で揃えるなどの配慮は、大手でしか出来ないことといえるでしょう。
技術面や対応を重視するなら、大手クリニックを選ぶことをお勧めします。

 

おすすめのクリニックの無料カウンセリングはコチラから
↓↓↓↓↓

ABCクリニックでは、3つのA”安価・安心・安全”で選ばれています。

 

男の美容【上野クリニック】